箱根エレカーサさんの看板を作らせていただきました!

箱根強羅温泉の向かい側の山にあり、強羅の眺めが素晴らしい大人の隠れ宿的なホテル、「箱根エレカーサ」さんから看板作成の依頼がありました。

エントランスを入ってすぐ、レセプションの横の壁から生える巨木のオブジェ。絶好の写真撮影スポットに看板を新たに設置したいとのこと。

方向性をお打ち合わせさせていただき、端材をストライプ状に数枚貼り合わせて看板を作ることになりました。

異なる樹種の端材を持ち込み、あれこれ並べ替えながらバランスをみていただき、看板の上からサクラ、カエデ、クルミ、ウォルナットストライプに決定しました。あとは取り付け位置を確認します。

ロゴを入れは小田原にある神奈川県の施設「工芸技術所」の大型レーザー加工機をお借りして行いました。樹種によりレーザーによる焦げの入り具合が少し異なりますが、表面に貼ってある彫刻周囲の焦げ防止のマスキングテープを剥がせばあまり気にならなくなります。この看板に使われいる樹種だとカエデがちょっと薄めの色に仕上がりました。他ではヒノキも薄めに仕上がりがちですね。レーザーの彫刻をしっかり深くしたいとのご要望がありましたので、何回か彫って深くしていきます。

完成後取り付けにお伺いしました。斜めにならないように慎重に位置決めし、かなり緊張しながら壁に穴をあけ、取り付けネジをかべロックという部品を使って壁に埋め込みます。

無事に取り付けが完了!いい感じになりました。

2ヶ月くらい経ち様子を見に伺ってみると・・・・

反ってる〜!!

2mmくらいしゃくれてしまっています。真ん中にあるカエデの材料に木の芯の部分が入っていたためそこから折れ曲がるように反ってしまいました。端材を使うことの難しさを痛感しました。若干の反りであれば少し削って直せたかもしれませんが、真ん中から派手に曲がっているため修正はできそうにありません。お詫びをし、作り直しをさせていただくことになりました。

今度は芯が入っていない端材をチョイスし、全く同じものを作りました。前回はワックスで仕上げたのですが湿度の影響を受けにくいように今回はウレタン塗装で仕上げました。

2代目の看板を取り付け完了!

今度は反りませんように・・・・!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

最近の投稿